未来へのビジョンを持つ

未来へのビジョンを持つ

未来へのビジョンを持つ

計画を実行に移す前に、もうひとつ、忘れてはいけないことがあります。

それは、頭の中に、「どうしても成功したい」という願望と、輝かしい未来へのビジョンを描いておくことです。

失敗したらどうなるのかと「クヨクヨする」のでなく、こんなに素晴らしい未来が開けているのだと「ワクワクする」ような感動、心の波動が、他人の波動と共振して広がっていき、他人の財産、働き手が得られるのです。

スポンサーリンク

自分が陣頭指揮をとって働くのは、「成功の秘訣」ではあっても、「成功」そのものではありません。

成功とは、他人からの資金参加をへて、その出資者に十分な利益を還元して大いに喜ばれ、働き手にも喜んで働いてもらうことです。

自分の力だけで、汗水たらして働いてそれなりの財産ができるのは、成功を願うものが描くビジョンではありません。

人の金と人の力を使いこなし、莫大な財を築き、あなたはもちろん、周りの者も幸せな人生を送ることこそ、「輝かしい成功」なのですから。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional